香山リカちゃん、「ニュース女子なんてさっさと打ち切れよ」とTOKYO MXに圧力をかける

taidan04_pic03
1: 2018/01/27(土) 21:29:25.14 BE:203070264-PLT(23736)
このたびの放送倫理違反の根拠は、これを放送した東京MXが考査を怠ったから、ということで
留まらざるをえなかった。放送倫理検証委員会の川端委員長は「MXは放送してはならないものを放送した」と
厳しい口調で語っていたが、DHCテレビジョンに対してその責を問うのは自分たちの権限ではない、とも述べた。
この番組に関していちばんの責任があるのは、最初から最後までどこを切り取っても根拠に乏しい思いつきや
デマにより構成された番組を「隠された真実」などとして提供した制作会社にあることは言うまでもない。
しかし、彼らはBPOから直接、倫理違反を指摘されていないのをこれ幸いとして、朝日新聞の取材に対して
「1月に出した見解と相違ございません」と回答するにとどめている。「1月の見解」とは、「表現上問題が
あったとは考えておりません」などとして、自分たちの落ち度をまったく認めていないものだ。これでは、
せっかくのBPOの調査、審議そして意見書は、無駄に終わってしまうのではないだろうか。『ニュース女子』は
いまも続いており、スタジオでは保守系論壇人が相変わらず権力に立ち向かう人たちやリベラル派の
意見を取り上げ、もの笑いのタネにしている。それを打ち切ることもできない東京MXも情けない。今後、
意見書を受けて東京MXは考査を強化し、このような番組があったときは「放送見送り」などの決断を
することはできるのだろうか。注意深く見守るしかない。

no title

【まさに崖っぷち沖縄再生】『ニュース女子』が投じた言論空間への「一石」 先鋭化する米軍基地反対運動、激しさ増す地元メディア
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180126/soc1801260013-n1.html

続きを読む