【衝撃】高校球界から「PL」が完全に消える日がついに訪れる

1: 2018/08/18(土) 07:16:40.64 _USER9  夏の甲子園の100回記念大会は、いよいよ佳境を迎えている。大会前から“大本命”と目されたのが史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭だったが、100回の歴史のなかで“大阪の覇者”として君臨したのはPL学園だった。春と夏の甲子園にあわせて37回出場し、歴代3位となる通算96勝を記録。卒業後にプロに進んだOBも、桑田真澄、清原和博、立浪和義、宮本慎也、福留孝介、今江敏晃、前田健太ら総勢81人を数え、..

甲子園の応援曲に異変!?10年前のあの人気曲がない模様……

1: 2018/08/10(金) 21:33:50.59 _USER9 熱戦が幕を開けた第100回全国高校野球選手権記念大会。 手に汗握るせめぎ合いは褐色のグラウンド上にとどまらず、スタンドでの応援もまた真剣勝負だ。 その戦いに彩りを添える応援曲のラインナップに近年「異変」が起きているという。どういうことなのか。 ■「狙いうち」が消えた夏 「さぁ、2017年の応援歌ランキングトップ20、さっそく行きましょう」 7月末、テレビ朝日系列で放送された番組「..

【悲報】村田修一さん、とんでもないことをうっかり暴露されるwwww

1: 2018/08/04(土) 04:27:38.78 ■村田修一の何が「天才」なのか  「天才」を「努力」と置いた場合、村田さんは努力タイプではありませんでしたから、これも当てはまりません。努力タイプといえば、当時横浜には内川聖一さんがいました。 内川さんはよく練習をし、徹底的に自分と向き合う求道者のような人でしたから、村田さんの豪快さがより引き立ちました。豪快というよりは、周囲の環境に左右されず、自分の人生を生きる能力が高い、という表現の方が正しいよう..

【衝撃】本当はいい人の村田修一が、引退に追い込まれた理由がコレ

1: 2018/08/04(土) 03:08:11.97 _USER9 「男・村田」が現役生活に事実上のピリオドを打つことになった。 巨人や横浜ベイスターズで活躍し、現在はBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの村田修一内野手がNPB(日本野球機構)球団の支配下登録期限である 7月31日までにオファーがかからなかったことで会見を開き、その無念の胸中を明かした。 集まった報道陣を前に自身の今後について来季も現役を続行することは考えにくいものの、 残りのシーズン..

【悲報】巨人専属トレーナー、ある女性からとんでもない告発をされる……

1: 2018/07/13(金) 13:31:14.09 7/13(金) https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180713-00010001-friday-base 本誌6月29日号で報じた一軍選手による「全〇パーティ」。さらに「用具窃盗」が発覚するなど、事件続きの巨人で、またしても不祥事が明らかになった。 今度は球団の専属トレーナーが、女性に対し「わいせつマッサージ」を働いたのだ。 「あの男は、絶対に..

【悲報】日本ハム・清宮幸太郎、再び2軍降格……

1: 2018/07/10(火) 23:34:14.59 _USER9 清宮、再び2軍降格=プロ野球・日本ハム 7/10(火) 23:10配信 時事通信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000159-jij-spo 日本ハムの栗山英樹監督は10日、ドラフト1位の清宮幸太郎内野手を出場選手登録から外し、再び2軍で調整させることを明らかにした。東京ドームのソフトバンク戦後に「もともと、この2試合のつ..